深江形成整形外科医院
アンチエイジング診療
メールでのお問い合わせはこちら
診察時間・アクセスはこちら
メディカルエステ

メディカルエステとは?

メディカルエステとは、ドクター監修の下で行われるエステです。
例えば、ドクターの処方で薬液濃度を決めるピーリング、I2PLによる美顔と脱毛など、安心してより高い効果を期待できます。
また、クリニックでの治療と連携したアフターケアとしての施術も同じクリニック内で受けられるため、安心で効果を持続させることができます。
心をケアするリラクゼーションとメンテナンスを、ぜひ一度お試し下さい。

EXILIS ELITE

エクシリス・エリート

・顔のしわ・たるみを改善したい

・毛穴を引き締め・皮膚を若返らせたい

Before

After

・気になる部位を集中的に痩せさせたい

・メスを使う手術はしたくない

Before

After

I2PL

I2P光治療

I2PL(光治療)

光の透過率を高めるジェルの上から照射された光はしみなどの原因となるメラニン色素や赤ら顔の原因となるヘモグロビンといったターゲットのみに反応し、熱となってそれらにダメージを与えます。    

またその熱は線維芽細胞(コラーゲン)も刺激し、コラーゲン増生作用を促進させ肌の中から弾力性が増すと共にターンオーバー(新陳代謝)を活性化させ、メラニンなどのターゲットは表皮にあがって剥がれ落ちるか、肌の深部(真皮)側に沈んでいきマクロファージが処理します。


顔全体わずか10分。

2~3ヶ月おきに5回照射(1クール)を繰り返します。

イオントフォレーシス

通常のクレンジングでは得られない、効果的なクレンジングを実現!

イオントフォレーシスは、水溶液中のイオン化されたプラスとマイナスのイオンが電流を流すことで、それぞれマイナス極及びプラス極に向かって移動することを利用したものです。


皮膚表面にマイナスイオンの電流を流すと、体液中のプラスイオンがそこに集中移動してプラスイオン濃度が高まる性質をあります。これを元のPHに戻そうとする作用が働くことを利用してマイナスイオンに帯電した導入液(有効成分)が吸収されるのです。


また、毛穴や皮溝に潜む汚れは大半がプラスイオンに帯電しています。これをマイナス極に吸着させることで、(汚れを吸着する事による)クレンジングを行うという方法です。

イオントフォレーシス
イオントフォレーシス

しみ・しわの治療

専門医師のアドバイスで、最適な治療法を見つけましょう。

シミというのは、表皮に残ったメラニン色素の集まりです。

皮膚にはメラノサイトというメラニン色素を作る細胞がありますが、このメラノサイトは、ホルモンの影響や紫外線によるダメージを受けると部分的に色素をたくさん作ったり、あるいは、ある部分では作らなくなったりして、シミと呼ばれる皮膚の色むらができます。シミの治療は、その種類によって方法が異なります。ケミカルピーリングやI2PL、レーザー治療などといったほとんどの治療が、保険適応外になってしまいますが、最適な治療法を見つけるためには、専門知識を持つ医師にご相談されるのが一番です。そして、どの治療を受けた後でも、施術後のUVケアが非常に重要です。

シワのできる原因としては、まず皮膚の老化がどんなシワでもあります。また、紫外線による光老化も大きな要因であります。

シワの治療も様々な治療法があり、ボトックスやヒアルロン酸と呼ばれる成分を注入する治療法が有名です。大きなしわやたるみに関しては、各種、糸によるリフトアップが効果的です。

メディカルスパ(サンドバス)

若返り・代謝改善にマグニー石のメディカルスパ(サンドバス)

お肌の若返り、老化防止、がんの予防と治療にメディカルスパ(サンドバス)

にきび・にきび跡の治療

新陳代謝を高め、コラーゲンを促進することで美しい肌へ。

にきびは、毛穴が汚れや代謝による老廃物でふさがれ、そこに雑菌が繁殖して炎症を起こすことによってできます。

10代の80%以上にみられる極めて一般的な皮膚疾患で、成長期における一時的なホルモンバランスの乱れによって皮脂が過剰に分泌されることが原因と考えられています。

にきび治療には、にきび予防、にきび炎症等の沈静化、にきび跡(痕)の治療の大きく3つのポイントがあります。

にきびは、それを治療することばかりに意識されますが、にきびを予防することも重要なポイントのひとつです。にきび治療の方法は、実に様々でにきびの状況に応じて総合的に治療する事が望まれます。顔のにきびと言っても顎や額など場所によってもにきびの進行状況は違いますので治療方法も変えていく必要があります。

にきび治療には、内服治療、外用薬治療、レーザー治療、IPLなどの光治療などがあり、いずれもにきびの原因となるアクネ菌を殺菌し肌の新陳代謝を高めコラーゲンを促進することで美しい肌へ再生することを目的としています。

にきび後(跡)の場合、にきびの治療と違いコラーゲンの生成を促し肌のターンオーバーを正常化することによる肌再生を目的とした治療は効果がありません。

にきび後(跡)は、にきび後(跡)の下から盛り上げる治療を行います。にきび後(跡)の治療には、ヒアルロン酸注射やコラーゲン注入が効果的です。

メディカル脱毛

メディカル脱毛で、安全かつ確実な脱毛が可能になりました。

当院でのメディカル脱毛では、I2PL光脱毛による方法を行っています。

I2PL光脱毛

「痛みが少ない」、「短時間で済む」などの理由から人気が高く、脱毛法のメインとなりつつあります。脱毛とともに肌のきめも改善されます。ただ毛根がないとI2PL光照射ができないため、施術の2ヶ月くらい前から毛抜きによる処理は厳禁となります。当日は、毛を剃ってきていただきます。表面に毛があるとその毛に反応してやけどしてしまいます。もう1つ気をつけたいのが「日焼け」で、肌が黒いと、I2PLが肌まで焼いてしまうので注意が必要です。

照射後赤くなることもありますが、冷やせば消え、2~3日で完全に消えます。施術後1週間は、毛根のなくなった毛が押し出されてきますが、その後は自然に抜け落ちるようになります。